考え方

【電子書籍or紙の本】実際に買ってみて、個人的な買い分け方

こんにちは。

ハンドルネーム変えましたので改めましてNoa:(のあ)です。

 

 

最近また本に触れる機会が増えてきました。

どうしてかというと、紙の本と一緒に「電子書籍」を使い始めたから。

 

マンガ・自己啓発本・実用書

 

いろいろ読んで個人的にですが

どっちが読みやすかったか、納得の買い物だったかまとめます。

 

どっち派が多いんでしょうね?

 

 

マンガは電子書籍で

 

買ってます。

  • すぐ最新刊が読める
  • 本が場所をとらない
  • どこでも読める

とにかくマンガと電子書籍のサクサク読める感の相性が良いです。

家にいてもすぐ最新刊が買えるし、巻数が多くなりがちなコミック本の場所をとらないところが自分の価値観に合っていて納得の買い物でした。

 

逆に電子書籍だとうーーーん・・・と感じたのは文字の多い実用書。
文字自体は読みやすいんですけど納得感がイマイチ。後述します。

 

 

実用書・自己啓発本は紙の本で

 

買うようになりました。

はじめは電子書籍で購入してたのですが、満足できず・・・2重になるけど、結局紙の本も買いました。

決して読みにくいわけではなかったです。

 

ということで、紙の本で買うようにしてるのは以下の本。

 

  • 文字が多い本
  • 繰り返し見る本
  • 直接メモを書き入れたい本

 

繰り返し見るような実用書や自己啓発本は紙の本が個人的オススメ

完全に感覚ですが、紙の本は「インプットしてるぞ~」体感がある気がします。

 

加えて紙の本の方が集中して文字を読める・・・気がする。

結局体感なんですが(笑)同じ本なのに、実用書の場合は紙の本の方が価値を感じます。

 

 

みなさんはどう感じますか?

 

 

おわりに

 

我ながら素朴な内容!
ここまで読んでくれた人がいたのなら、お時間いただき本当にありがとうございます。

 

欲を言えば電子・紙の両方持ちたい、、

 

今は金欠なので、

本の特性で読みやすい媒体を選んで、コスパの良い方を選んでいきたいと思う最近でした。おわり!

 

 

 

-考え方

Copyright© Noa: MEM , 2020 All Rights Reserved.